FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T先生 vs 不良 

今日職場で必死で仕事していた時のこと。


スタッフの一人がいきなり慌てふためきました。


ん?どうかしたんですかぁ~?と尋ねると・・・
























スタッフ・・・PCがふっとびました・・・



















ど・・・何処をどうすればそのようなキチガッタことが出来るんですかぃ?(滝汗






どうやら、メモリ制御の所で、メモリ開放をするプログラムが何故か引き出せずに、、、
















排出されることのないスタックのエンドレス







分かるように言えば・・・








風船に空気を入れまくり、爆発させると同じ現象です(滝汗






うん、一歩間違ったらPC壊す世界で仕事しているんだな~と再認識させられた瞬間を味わったYUWです。こんにちゎ。




せめてもの救いは、これがクライアントのPCで発生しなかったということか・・・





さて、今日は以前お話すると言っていた・・・


















YUWがこの世の中で唯一恐れを成す存在





















T先生です







もし、、、もし、万が一・・・



このサイトをT先生が閲覧してしまったら。























僕は次の日から、お天道様を見ることすら叶わなくなります(滝汗






し、、、しかし、常にネタを提供する珍導駐!



管理人の命を削ってでも、笑いを提供しましょう!!!








さて、このT先生。






元司法警察官です。



よって、この先生・・・








怒るとやばいです。



もうね、やくざが、そこら辺にいるチンピラと同じようなタンカ切って、攻撃してくるようなものなの。



それにね、、、
















この先生、、、怒るのが日課でないの?って言うくらい、週に4日は必ず切れるの








そんな偉大な偉大なT先生のお話。



何処の高校でもそうですが、喫煙は禁じられています。まぁ法律にもあるように禁止じゃなかったら可笑しいんですけどね。




まぁ、それでもこのYUWは・・・















中2からずっとヘビーを突き通しているがな(一日2箱~3箱)






そんな俺は高校一年の頃から、T先生に喫煙していることがばれています。



理由は簡単。






















喫茶店で友達と煙草すってまったりしてたら、先生が入店してきたからなんだ(滝汗






もうね、あのときは・・・殺される!!!!って思ったね。




けどね、T先生は・・・









T先生「吸うのは個人の勝手だから、俺は何も言わないけどな。他の先生にだけ見つからないようにしておけよ」






普段素晴らしく怖い分・・・










この時はメシアの様な暖かさがありました(号泣



あぁ、えぇ先生じゃなぁ~と感動していたとある日。



俺、日曜に先生がどうしても手助けが必要だから、学校に手伝いに来てくれと頼まれたんです。(自給850円で)



まぁ、断る勇気もありませんでしたから、それを快く了承して、先生と作業していたんです。



んで、昼過ぎになって、作業も終わり。最後に飯食いにいこっかぁ~、と。



帰り支度をして、校舎から出ようとしたんです。



そんな時・・・

















T先生「・・・・・・なんか匂わねぇか?」
















俺「ぇ?俺、屁なんてこいてませんよ?」





T先生「馬鹿!そんなんじゃねぇよ。よく匂い嗅いでみな」





くんくん・・・くんくん・・・





ああ、これはあれですゎ。











俺の愛しの恋人、煙草の甘いフェロモンの匂いですゎ






けど、俺も喫煙者、しかもそのことをT先生にばれています。だから・・・






俺「あぁ~これ誰か煙草吸ってますねぇ~、他の先生か誰かじゃないですか?」






T先生「い~ゃ、この近くに喫煙所はないしな、それに喫煙所じゃない所で吸ったら減給だ。確かにこの高校はキチガッタセンコウ多いけどな、金にだけは真面目なセンコウの集まりだ。まずありえない・・・」









先生・・・・























そ・・・そげなこと、他の先生も通りまくっているこの大廊下で威風堂々と言うことじゃないと思います(滝汗










んで、先生は匂いの方をキッ!っと凄まじい暁光で睨みつけると、猛ダッシュです。




素晴らしく早いです。



当時100M、13秒台の足を持っていた俺ですら追いつけませんでした。



もうね、何者だよ!?あんた!!!って心で突っ込みながら必死で追いかけます。




んで、暫くすると・・・




















T先生「貴様らぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!何してるんじゃぼけぇぇぇ!!!!


























有無を言わさず大激怒です(滝汗






ん?相手は誰だぁ~?って見てみると・・・




相手は、先生方にも生徒の中でも超有名だった















悪の中の悪、Iです。




当時、彼は









福井で一番勢力がある暴走族の副だって噂すら流れていた相手です。






んで、そのIと取り巻き三人とで便所で煙草を吸っていたのです。



















T先生「てめぇら!!!何してるのか分かってるんかぼけ!!!!あぁ?







せ・・・先生・・・


















いくらなんでも、相手が悪いと思います(滝汗














I「あぁ?うっせぇよてめぇ!!!

















あ・・・Iよ・・・お前もお前で、相手が悪いと思うぞ・・・(滝汗





もうねなんていったらいいのかな?



























西のやくざの頭領と東のやくざの頭領が道でぱったり顔をあわせた並にやばいの(狼狽











T先生「今すぐ煙草をこっちによこせ!!!」





I「なんでそんなことせんとあかんのじゃぼけ!!!」




T先生「よこせって言ってるのが分からんのか!?貴様は言葉の勉強ですらしてこなかったのか!?」




I「うっせぇよ!てめぇぇ!!!!」






あろうことか・・・I・・・




















鬼人I先生に向かって拳を突き出しています







T先生、軽やかにその拳を交わし・・・





















渾身のカウンター入ったぁぁぁぁぁ!!!!!!





























も・・・もうどうなっても知らない・・・(滝汗





うん、拳が入った場所も水月と呼ばれる人間の急所の一つ・・・















I「・・・・・ぐっ!!!」





足をふら付かせるI。



















もういいから倒れておけ、、、お前さえ倒れてくれれば全てが丸く収まりそうな気がする(滝汗




文字制限がきたので次にまわします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuw39.blog23.fc2.com/tb.php/91-6bdde306

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。